転職して夢だった保育士に
 
 私は転職で夢だった保育士になり子どもたちに囲まれた日々を過ごしています。初めての保育園、初めての保育士としての仕事だったので入社当初は子どもたちとの接し方に戸惑ったり、手遊びのレパートリーが少ないことにも悩みを持っていました。しかし、先輩の真似をしたり、自分で勉強したり少しずつ乗り越えてきました。
今も日々の業務につい追われてしまう事もありますが、子ども達の素直さや笑顔、日々の成長に寄り添うことができるのも保育士の醍醐味だと思っています。子ども達に『先生大好き!』と言われた時、保育士になって良かったと思います。
 
日々大切にしていることは笑顔でいることです。明るく楽しく子ども達と同じ目線になって過ごしていけるよう心掛けています。
写真1